日本海洋学会   海洋環境問題研究会

 

お問い合わせ

海洋環境問題研究会へのお問い合わせは下記のメールアドレスにお願いします。
SPAM防止のためアットマークの後ろに要らない文字列が入ってます。削ってお使いください。

jos-env@REMOVE THIS kaiyo-gakkai.jp
 

情報掲載について

海洋環境関連のお知らせ掲示板とイベントカレンダーはどなたもお使いいただけますが、書き込みにはユーザー登録(承認制)が必要です。
 

リンクリスト

カウンタ

COUNTER118569

海洋環境問題研究会のこれまで

昭和48年、日本海洋学会「海洋環境問題に関する声明」に基づき、海洋環境問題委員会として設立され、海洋環境問題に対して日本海洋学会の海洋科学専門家集団としての社会的役割を果たすべく、問題に関連する科学的知見を整理・集積し、その解決、改善に向けた取組みを実施して来ました。2011年度の日本海洋学会総会で、海洋環境問題研究会として体制を一新、新たなスタートを切りました。
 

海洋環境問題に関する声明

 太古から私たちの生命をはぐくんできた海は,われわれ人類の幸福のため,その資源と空間を十分に活用しながら,子孫のため保存しなければなりません。近年の人間活動,とくに生産活動の急激な増加にともない,環境破壊に留意することなく,大量の廃棄物を注入したり,沿岸を変形させるなど,海洋に大きな人為的作用を加えたため,環境に著しい変化が生じてきました。

 私たちはこの現状が地球の生態系を変え,ひいては人類の生存を危うくすることを憂えるとともに,学会としてこれまで環境問題に対する取り組み方が,消極的であったことを反省するものです。今後一層の熱意をもって海洋の基礎研究を進め,広く関係学問分野と国内的また国際的に協力し,海洋環境の変化を監視して,将来の予測を確実にすること,また研究成果をすみやかに実際面に役立てることが大切と考えます。
 日本海洋学会は,ここに海洋環境問題委員会を発是させ,今後積極的な環境問題の具体的な研究方法および研究体制を討議確立し,その活動を通じて,海洋環境の改善に努力するとともに,いかなる形においてもわれわれの研究が、環境改善とは逆の方向に悪用されることのないように努めます。 ここに日本海洋学会昭和48年度総会の決議により,私たちの見解と決意を表明し,広く社会の理解と協力を得て,目的の達成を望むものであります。

昭和48年4月8日
日本海洋学会
 

海洋環境問題委員会の歴代委員長

 1973-1976年度 平野 敏行

 1977-1978年度 杉浦 吉雄
 1979-1982年度 須藤 英雄
 1983-1988年度 小倉 紀男
 1989-1992年度 石川 公敏
 1993-1996年度 前田 勝
 1997-2000年度 風呂田 利夫
 2001-2006年度 高田 秀重
 2007-2012年度 鈴村 昌弘

 2013-2016年度 速水 祐一

 2017-2018年度 梅澤 有


歴代の委員一覧はこちら

 

海洋環境問題委員会の主な活動記録ー出版物

海洋環境問題の変遷に伴う研究者の対応、海洋環境調査に関わるテキスト、アセスメントや個別の問題に対する提言などを取り纏め、日本海洋学会編として出版してきた。

1975年 「海洋環境汚染に関連する調査研究の現状と問題点」 日本海洋学会誌、特集号
1979年 「海洋環境調査法」日本海洋学会編、恒星社厚生閣、ISBN4-7699-0119-4
1986年 「沿岸環境調査マニュアル 底質、生物篇」日本海洋学会編、恒星社厚生閣、ISBN4-7699-0564-5
1990年 「沿岸環境調査マニュアル2 水質、微生物篇」日本海洋学会編、恒星社厚生閣、ISBN4-7699-0674-9

 沿岸環境を巡る社会的な情況が変わるそのために、海の研究者は社会問題をどのように意識し、どのような対応をしたかをまとめるために地球規模の環境問題、沿岸環境の課題を明らかにするために以下の出版物を出した。

1993年 「海洋環境を考える-海洋環境問題の変遷と課題」日本海洋学会編、恒星社厚生閣、ISBN4-7699-0789-3
1999年 「明日の沿岸環境を築く-環境アセスメントへの新提言」日本海洋学会編、恒星社厚生閣、ISBN4-7699-0893-8
2005年 「有明海の生態系再生をめざして」日本海洋学会編、恒星社厚生閣、ISDN7699-1023-1 C1040
 

海洋環境問題委員会の主な活動記録ーシンポジウムとナイトセッション

 毎年の学会大会において会員、若手学生、ならびに行政や企業関係者の参加を得たシンポジウムやナイトセッションを開催し、我が国の主要海域の海洋汚染、環境問題、環境アセスメントに関わる問題等の海洋学的視点から議論を重ねるとともに、海洋問題の解決に向けた情報発信に努めてきました。

1973年 4月 ナイトセッション「海洋環境問題に対する学会の取り組み方」
1974年 4月 海洋環境問題に関する討論会
1974年10月 ナイトセッション「海洋環境汚染に関する調査研究の現状と問題点(I)」
1975年 4月 ナイトセッション「海洋環境汚染に関する調査研究の現状と問題点(II)」
1975年10月 ナイトセッション「海洋環境問題(海洋環境汚染の観測法、分析法、測定法の検討)」
1976年 4月 放射性固体廃棄物の深海投棄に関するシンポジウムナイトセッション「海洋環境問題」
1997年 4月 放射性固体廃棄物の深海投棄に関するシンポジウム(第2回)
1978年 4月 放射性固体廃棄物の深海投棄に関するシンポジウム(第3回)
1979年 4月 放射性固体廃棄物の深海投棄に関するシンポジウム(第4回)
1980年 4月 シンポジウム 「海洋環境調査法」
1985年 4月 ナイトセッション「沿岸環境調査マニュアル(底質・生物編)」
1986年 4月 ナイトセッション「近年の東京湾の環境変化」
1987年 4月 ナイトセッション「沿岸環境調査マニュアル(水質・微生物編)」
1988年 4月 ナイトセッション「東京湾の近未来の展望」
1990年 4月 共同シンポジウム 「東京湾の環境回復への提言」
1990年11月 共同シンポジウム「望ましい大阪湾の海洋環境-環境改善への提言」
1991年 4月 ナイトセッション 「沿岸の環境アセスメント手法の現状と問題点」
1992年 4月 ナイトセッション 「沿岸の環境アセスメント手法の現状と問題点」
1993年 4月 ナイトセッション 「水質環境基準の諸問題:過去の検証と今後」
1994年 4月 共同シンポジウム 「沿岸環境問題の新たな局面」
1995年 4月 ナイトセッション「海洋環境問題に関する大型プロジェクトの動向」
1996年 4月 ナイトセッション「環境創造とは」
1996年10月 シンポジウム 「中海の環境影響評価の課題」
1997年 4月 ナイトセッション「メガフロートの環境影響問題点」
1997年10月 シンポジウム「九州の干潟を中心とした浅海域開発と環境アセスメントの問題」 
1998年 4月 シンポジウム「東京湾の石油流出ー環境影響と防除技術」
1999年 3月 シンポジウム「新しい環境影響評価制度(環境アセスメント)を考える」
2000年 3月 シンポジウム「東京湾三番瀬の生態系調査と研究者の係わり」
2001年 3月 シンポジウム「海岸・河口域における環境修復・創造技術の現状と問題点」
2002年10月 シンポジウム「海から見た生物多様性国家戦略」
2003年 3月 ナイトミーティング「海洋環境と開発をめぐる諸問題」
2004年3月 シンポジウム「比較流域・沿岸学の試み−河川流量・地形変化・管理を軸として」
2006年3月 シンポジウム「海上空港環境影響評価の問題点」
2006年3月ナイトセッション「羽田拡張アセスをモデルとした研究者とアセスの関わり」
2008年3月 海洋環境問題委員会35周年記念シンポジウム「海洋環境問題委員会の役割と課題」
2009年4月 シンポジウム「海洋環境問題における研究者の役割」
2010年3月 「海洋酸性化による環境影響」
2011年5月 シンポジウム「諫早湾開門調査について考える」
2014年3月 シンポジウム「海洋の産業利用の現状と展開」
2014年9月 シンポジウム「若手研究者からみた有明海研究の現状と展望 ~よりよく有明海を知るために~」
2015年3月 シンポジウム「温暖化適応策に対する海洋学の貢献」
 

海洋環境問題委員会からの海洋環境問題に対する提言の発信

 個別の海洋環境問題に関して、特に重要、急を要すると考えられる問題については、関連する科学的知見を収集するとともに委員会で検討を行い、問題の解決、環境保全・改善に向けての提言を下記のように取り纏めてきました。これらの提言は日本海洋学会の公式な声明として、学会誌「海の研究」誌上に掲載するとともに、プレス発表などを通して事業者や社会に発信してきました。

1993年 閉鎖性水域の環境影響アセスメントに関する見解 −東京湾三番瀬埋め立てを例として−
1996年 閉鎖性水域の環境影響評価に関する見解 −中海本庄工区干拓事業の場合−
1999年 閉鎖性水域の環境影響評価に関する見解 −中部国際空港人工島建設の場合−
2001年 有明海環境悪化機構究明と環境回復のための提言
2002年 有明海環境悪化機構究明と環境回復のための提言2
2005年 「東京国際空港再拡張事業に係わる環境影響評価準備書」に対する意見書
2007年 愛知県豊川水系における設楽ダム建設と河川管理に関する提言